«

»

7月 07

ソーラーシェアリングの基礎工事は野立て太陽光発電の基礎工事より大変!三田市


おはようございます。
近藤です。

先日は太陽光発電の施工で三田市へ行ってまいりました。
三田市は当社の自社発電所や施工した発電所など数多くございます。
三田市だけで1MW以上の太陽光を設置、施工を行いましたが、
どこの現場も地盤が固く施工は大変でした。

ソーラーシェアリングのように田んぼに杭を打ち込む場合も、
田んぼだからと言って杭がすんなりと入るわけではなく、
50cmもしくは1mほどいけば地盤が硬く杭が入らない現場もございました。

当社では自社で所有している「ジオプローブ」という地盤調査用の機械がございます。
その機械は打撃機能もついているため、硬い地盤でも打撃で先行掘削することで、
杭を打設することが可能です。

ソーラーシェアリングや農地への設置について興味がございましたら、
ジオリゾームまでご質問お待ちしております。

太陽光発電で、土地を持っていて困っている方の問題解決ができるように頑張ります!