«

»

8月 19

太陽光発電スクリュー杭打設 事前試験の重要性


IMG_2066こんにちは。喜多です。

お盆休みも終わり、太陽光発電の施工も再開しています。
昨日から奈良県宇陀市に太陽光発電用スクリュー杭基礎の打設に来ています。


ここはお客様がSS試験を事前に実施していただいているので、
硬い地盤(N値20前後の箇所も有り)という状況を事前に把握してからの施工です。

試験をせずにぶっつけ本番ですと、
重機の種類によっては打設できない場合もあるため、
事前の試験はおすすめいています。

当社所有のジオプローブが向いている土地もあれば、
バックホータイプが向いている土地もあります。
SS試験をしていただければ、施工計画段階で重機の選定ができるため、
無駄な費用も発生しません。

明日で終了予定ですので、
もう一日頑張ります!

ご相談はこちらまでお待ちしております!