硬い地盤でも高精度を確保する㊙技術。施工に不安を抱えたくないなら、迷わず当社へ!


こんにちは。山口です。

長らくブログ更新を怠ってしまい大変申し訳ありませんでした。

以前、少しばかり内容がはっちゃけたタイトルの記事を更新したところ、

ブログを管理してくださっている同期の人から、「タイトルの異様な勢いと内容が一致していない。」

というような指摘をいただきました。真摯に受け止め、めげずにいきたいと思います。

 

どこの業界でも年度末が忙しく、この時期は閑散期になることが多いと聞きます。

弊社でも去年は少し骨休めの時期だったのですが、今年はかなり依頼が多いように感じます。

とてもありがたいことですね(o^―^o)♪

私はここ1か月、淡路島の案件がメインでした。あとは現地調査などですね。

来月以降も施工依頼がいただけそうなので、今から既にワクワクしております。

 

それで、淡路島の現場ですが、

地盤が硬い。とても硬い。カッチカチです。


と、言わずにはいられないほどです(笑)。

正直ゾクゾクはしませんでしたが、ヒヤヒヤしました。

なので土壌汚染調査の仕事でボーリングを行っていただいている企業へ、先行掘削を依頼しました。

ボーリングマシンに合ったアタッチメントなども製作してくれるので、

硬い地盤でも、先行掘削から杭の打設まで、一貫して行うことができます。

こちらがその機械です。その名も「エコプローブ」!

ボーリング掘削を行う、中味が空洞になっている大きな筒状の部分に、

固い地盤を削り取るためのアタッチメントを装着します。

↑厳密にいうとこれではないのですが、だいたいイメージつくでしょうか。

もちろんこの刃の内側は空洞なので、土が筒に入っていく仕組みです。

回転とバイブレーションをかけることで、岩盤でも掘削できます。

進捗はその現場によってかなり左右されますが、20~80箇所/日くらいでしょうか。

これに似た更に強力なタイプもありますので、状況に応じてどんな場所でもお任せください。

このエコプローブの唯一の弱点は、「傾斜」です。

約5°程度なら掘削可能ですが、それ以上の傾斜角度の場合は、他の掘削機の選択もご用意しています。

地山で傾斜がきつく、地盤が硬いなどもよくお聞きしますので、、、

先行掘削をすると、杭が地中障害にあたり、ズレたりする心配がなくなるので、

その後の杭打設もスムーズに行うことができます。

後々の杭位置ずれ修正などを考慮すると、少しでも硬い場合は先行掘削を行った方がいい気がします。

ボーリングマシンを持っていても、なかなか杭打設に応用できる技術を持ち併せた企業も少ないので、

そういった協力企業がいてくれるのは本当にありがたいことです。

お客様からも「あそこの会社はホントに精度がいいなぁ」と、

施工を行うたびに言っていただけるので、毎回その企業さんにお願いしています。

「ボーリングマシンで打設してほしい」というお客様も結構いらっしゃるので、

やはり精度を求められているということでしょう。

今回は、ボーリングマシンについてご紹介しましたが、

・ボーリングマシンのスペシャリスト

・ユンボ、建柱車施工のスペシャリスト

・手打ち機械のスペシャリスト

3種の神器(?)が揃った当社に、ぜひお任せください。問い合わせ、ご連絡お待ちしています


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA