メディアが騒ぎすぎ!太陽光発電の「2019年問題」について考察してみました。


こんにちは。山口です。

新年あけましてだいぶたちますね。おめでとうございます!

今年もジオリゾームを宜しくお願いいたします(^▽^)/

 

さて、ブログテーマにもあげたように、「2019年問題」が騒がれているようですが、

「太陽光発電はよくないもの!」という風潮を煽るためのニュースだなぁという印象が強いです。

 

そもそも2019年問題とは何なのか。

ざっくりとですがご説明していきます。

 

■2019年問題とは

2009年11月に10年間の固定価格買い取り制度がスタートしました。

いわゆる、FIT制度というやつですね。

そのスタートから10年経ち、

「売電期間が終了することで以前の買取価格では売電できなくなる」

というのが2019年問題です。

何が問題なのかというと、実は何も問題ではありません。

10kw以下の太陽光発電設備は10年間の売電期間であるというのは、

契約時に必ず説明されることであり、その契約期間が満了したというだけの話です。

経産省が「10年の契約期間終了後は24円程での買取になるかも?」

という発表をしていたにも関わらず、

まだ決定ではないものの11円程での買取になりそうなので、ちょっと期待外れ感はあります。残念。

まぁ、11円でも24円でも自家消費に回した方が得ですし、10年以降も売電できるだけ有難いものです。

2019年問題、そんなに大した問題でもないことが、お判りいただけたでしょうか。

 

おそらくこの11円から大幅に下回ることは考えにくいので、

今後の新規太陽光設備においても、10年(10kw以上であれば20年)の買取+11円での買取

でシミュレーションを行ってみてはいかがでしょうか。

もちろん、当社でもシミュレーションのご提案はさせていただきますので、

ぜひぜひご相談頂ければと思います!


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA