お問い合わせ

staffブログ


ブログ


mail


電話

社員

太陽光発電スクリュー杭打ち・先行掘削

社員

全国対応

06-6381-4000

スタッフブログ

2021年

中国の大停電による太陽光発電への影響


こんにちは。河合です。朝晩がすっかり寒くなって、私の普段の通勤もコートと手袋をはめての通勤に代わりました。体調管理には、十分注意したいものです。

題目にも記載しておりますが、中国の大停電の影響をもろに受けている業界の1つが、太陽光発電業界です。オーストラリアから石炭輸入がストップして石炭火力発電所が稼働していないこちが主な原因とのことです。この大停電ですが、一説によりますが、中国流の脱・二酸化炭素とかいう話もでているそうです。以前、国際会議が開かれたときには自動車の交通量を制限して排気ガス量を一時的に減らしたように、次の冬季北京五輪に向けて、意図的に発電を止めて二酸化炭素の量を減らしているのだとか・・・本当だとしたらスゴイ国ですね。

その影響を受け、中国の様々な工場が稼働停止となり、パネルの製造も軒並みストップしてしまい、パネルの供給が間に合わない!世界中でパネルの取り合いが起こっています。価格もロックダウン中より上がっています。これにより、案件の中には事業主がすぐにでも施工開始したいと考えているものも多いのですが、先行きの見えない値上げの価格変動によって見積がとれず、価格が下がるまで見送りとなり、施工がとまってしまったという案件も実際にチラホラ聞くようになりました。また、円安と半導体不足による在庫不足で、パワコンは1ヶ月前より1.4倍になっています。

やはりコロナの影響は大きいです。このほかの話では、ヨーロッパやアメリカでは経済活動が再開されたのを受け、品物が足りない状態に陥っているそうです。昨日のニュースで偶然見たのですが、アメリカでは、本来ならば、クリスマス商戦の時期のはずですが、商品となるプレゼントの供給が止まっているそうです。そのプレゼントですが、輸入が滞ているそうで、どこにあるかと言えば、コンテナ船の中。ロサンゼルス沖合の海上では、コンテナ船がずっと入港を待っている状態だそうです。経済活動再開に対して、労働力の供給が間に合わず、港の作業員が人員不足に陥っていることが原因だそうです。1それに伴い、陸上でもトラックがコンテナ船を待っている状態で、長蛇の列ができているそうです。それだけ経済が止まっていたことの裏返しでもあるのですが。

太陽光発電業界にいると、日本だけの話ではなく、グローバルに仕事をしているのを実感しています。円安も追い打ちを掛けているので、トリプルパンチ(脱・二酸化炭素、コロナ、円安)です。新設の発電所が施行できない中、今ある太陽光発電施設にしっかり発電してもらうようにメンテナンス(維持管理)を行う必要があると考えています。特に、これから雪によって発電設備が積雪で損壊する可能性が高くなってくるのでより注意と対策が必要だと思います。

メンテナンスやO&Mなどのお問合せは、ジオリゾームまでお待ちしております。

スクリュー杭の地盤沈下対策
HPからのお問合せ


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください