ユンボによる先行掘削(バケツではない新しいツールでの掘削)


こんにちは。河合です。

昨日までの3連休で、岩盤での太陽光⇒スクリュー杭の打設依頼を頂いておりましたので、

試験掘り(先行掘り)をして参りました。

 

この先行掘りですが、φ70~90mmくらいでピンポイントで穴を掘り、

その穴にスクリュー杭を打設するというやり方です。

直径が小さすぎれば、岩盤のような地盤が非常に硬い箇所では、スクリュー杭が打設できないですし、

逆に、直径が大きすぎると、隙間ができてセメントが必要になり、余分な費用が掛かってしまいます。

そこで、当社では、通常は86mmのツールを使って、先行掘りをしております。

仮に、引張試験で指定の強度が出ない場合は、φ66mmのツールを使って、先行掘りを行っております。

 

今回の現場では、打設本数も多くて、傾斜地になっていたので、今まで当社が実施してきた重機での

先行掘りはできません。そこで、ネットを駆使し、ツール会社に問いあわせてみて、

提示されたそのツールを取り付けたユンボによる先行掘りを行いました。

結果、先行掘りは可能でしたが、想像以上に地盤が硬く、結構な時間が掛かってしまいました・・。

ただ、ユンボでの先行掘削は、今までできていなかったので、

このツールを持っていけば、先行掘削ができることが判明したのは、非常に良かったです!!

ちなみに、イボイボの先端ツールは、φ83mmです。硬い地盤を掘削したのですが、

見た目への摩耗は、ほとんどありませんでした。

これからも、いろいろなツールを試していきたいと思います。

 

硬い地盤でのスクリュー杭の打設にお困り、お悩みの方は当社までお問合せ下さい。


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA