Category: 傾斜地・硬い地盤etc.

11月 02

重機では困難な傾斜地のスクリュー杭打設を、建柱車による打設方法で試してみました。

こんにちは。河合です。 先日、奈良県で傾斜地のスクリュー杭を打設してきました。 写真のように、のり面の下も傾斜地になっており、高さもありましたので、 転落の恐れもあり、ユンボのような重機を入れての施工は厳しい状況でした。 …

続きを読む »

10月 21

ボーリング機械(エコプローブ)は、地盤が硬くても、機械本体とケーシングが一体だから、正確にまっすぐ掘削できます!

こんにちは。河合です。 久しぶりのブログの更新となってしまいました。   先日、N値が30以上の現場で、コンクリート基礎にすると金額が上がってしまうので、 太陽光発電そのものを断念しようと思っている。。。 と言 …

続きを読む »

9月 19

地盤が硬い太陽光発電のスクリュー杭の打設は、地盤掘削の知識があるジオリゾームにお任せください。

おはようございます。河合です。 先月の話ですが、福島県いわき市の現場にスクリュー杭の打設行って来たのですが、 地盤が非常に硬いため、スクリュー杭の打設が困難ではないか? と言われた案件があり、特殊な機械を入れて、施工して …

続きを読む »

8月 30

スクリュー杭の打設で全国を回っていると、色々な地盤があることがわかります。兵庫県姫路市の地盤は硬かったです!

こんにちは。河合です。 今日は、大阪府阪南市と三重県伊賀市に現地調査に行って参りました。 両案件とも、申し分ない現場だったのですが、 伊賀の現場に行く途中に、川が横を流れていて、石がゴロゴロあったので、 わざわざ車を降り …

続きを読む »

7月 12

盛り土にはご用心!太陽光発電施設の土壌は特に注意が必要です!

こんにちは。 山口です。   先日、太陽光発電所の建設のため、スクリュー杭を打設してきました。 その土地の地主さんがコンクリートガラなどを埋めていたため、 実際の現場は予想していたよりもかなり地中障害が多く、大 …

続きを読む »

7月 10

太陽光発電所で大活躍!スクリュー杭打設以外にも使えるジオリゾームのジオプローブ

こんにちは。 山口です。 ここ最近は、三田市でお世話になっている方の太陽光発電設備を建設しています。 関電柱へ送電するために、野立ての太陽光発電施設には、 必ず電柱(簡易ポール)が必要となります。 建柱は電気工事の範囲に …

続きを読む »

5月 17

傾斜地での太陽光発電の設置は基礎工法に考慮します。

こんにちは。 山口です。 最近、かなりの急傾斜地が案件として増えてきました。 難しい現場でもご相談をいただけるのはありがたいことですね。

続きを読む »

3月 28

硬い地盤にはジオプローブによる先行掘削が必要!

こんにちは。 山口です。 スクリュー杭は資材も安価で、施工の進捗も良いことから、 近年の太陽光発電施設では基礎として採用されることが多くなっています。 ただ、施工の進捗がよいのは、地中障害がなかった場合の話です。

続きを読む »

3月 27

傾斜地の太陽光発電施工方法 ※傾斜角度が30度以上の場合

おはようございます。河合です。 最近、傾斜地への太陽光発電設置の相談が多いように感じます。

続きを読む »

3月 07

太陽光発電施設の設置に現地調査は不可欠です。in高松

こんにちは。 山口です。 高松まで、現地調査に行ってまいりました! ボーリングバーというものを地面に突き刺して、 地盤の硬さを確かめます。

続きを読む »

Load more