スーパープローブを使っての太陽光発電の先行掘削


おはようございます。河合です。

岡山県で、先行掘削を行っていまして、色々と試しながらの工事となっておりますが、当社では、土壌汚染の仕事もしていますので、その関係から、ボーリング機械を使って、先行掘削も行っております。

今回は、先端からエアー(空気)を送って、斫っていくダウンザーホールハンマーを採用しております。写真の機械は、スーパープローブ(※略してSP)と言いまして、キャタピラで動く、ボーリングする重機です。協力企業に付けて貰ってやっております。

煙は、細かくなった砕石の粉じんになりますので、マスクと眼鏡が必需品になってきます。1.4mを5分も掛からず掘削してしまいます。どちらかと言うと、重機のセッティングに時間が掛かってしまいます…。

より早く正確な先行掘削ができるよう、これからも色々なやり方を検討してやっていきたいと思います。

関連ページ:
先行掘削
硬い地盤へのスクリュー杭打設
スクリュー杭の様々な打設方法


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA