お問い合わせ

staffブログ


ブログ


mail


電話

社員

太陽光発電スクリュー杭打ち・先行掘削

社員

全国対応

06-6381-4000

スタッフブログ

2020年

傾斜地太陽光発電の土砂崩れ


IMG_3110a

おはようございます。河合です。

つい先日、現場調査で移動中に、写真のような太陽光発電施設がありました。

林を切り開いて、太陽光発電を設置しています。

このような太陽光発電施設で一番問題になってくるのが、雨水対策です。

写真くらいの施設なら、そんなに大きくはないので、大丈夫かも知れませんが、パネルに降った雨は、そのまま傾斜地の一番下まで流れます。

雨だけ流れるのなら、U字溝を設置すれば良いのですが、表面の土も一緒に流れてしまいますので、タチが悪いです。

ドンドン表面の土が削られてしまい、

①近隣住民がいらっしゃったら、不安を与えてしまいますし、クレームにもなります。

②スクリュー杭基礎がむき出しになっていき、最悪、倒壊する可能性があります。

何らかの対策をしないと、①②のようなことが起こってしまいます。

林を削って、土砂が流れる前に、当社までご相談下さい


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください