スクリュー杭が硬い岩盤で入らない。そんな時は、ボーリング機械で先行掘りして、スクリュー杭を打設できるようにしました。


こんにちは。河合です。

少しブログの更新で、間が空いてしまいました。

 

先日、岩盤でスクリュー杭が打設できないので、穴を掘削して空けられないか?

という内容の問い合わせを頂きました。

 

当社は、太陽光発電の部署もありますが、土壌汚染の調査をしている会社でもあり、

ボーリング掘削による調査もおこなっています。

その知識や技術を活かし、岩盤の場合、φ86mmで先行掘りをして、

スクリュー杭の打設をしております。

スクリュー杭の直径がφ76mmで、羽が10mm弱ですので、

十分引っ掛かり、強度も得ることができます。

1400mmの先行掘りをしているのですが、

当の現場では、1日70本~90本程度、先行掘りをしており、順調に進んでおります。

このボーリング機械ですが、13トントラックで運搬しますので、それなりの道幅が必要になります。

また、傾斜地での作業は苦手です。

ここまで大きくなくても、小型のエコプローブという機械による作業もできます。

杭打ち等、硬い岩盤にお困りの方は、当社までお問合せ頂けたらと思います。


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA