アスファルト舗装のような硬い地盤でも、スクリュー杭打設は問題なく施工可能です!


こんにちは。河合です。

今回は、以前施工致しました、全面アスファルト舗装の現場でのお話です。

 

お客様は、スクリュー杭の打設で考えておられたみたいですが、

アスファルト舗装でスクリュー杭の打設がユンボではできないため、

建柱車で穴を掘って、セメントミルクで固める方法を検討していたみたいなのですが、

打設数も多く、金額もかなり高額な見積りを貰ったみたいで、半分以上諦めていたそうです。

そこで、他に何か打開策がないのかネットで検索をかけてみると、当社のHPをご覧になり

お問合せを頂くことができた次第です。

当社では、アスファルト舗装でも基本的にはコンクリート基礎を使わず、

先行掘りにて、スクリュー杭の直径より少し大き目の86mmの孔を開け、セメントミルクも使わず、

そのままスクリュー杭を打設しております。その先行掘りの動画がこちらになります↓↓。

回転(オーガー)とバイブレーション(振動)で、掘削していきます。

アスファルト舗装の下は、改良も掛かっており、かなり硬い地盤の所もありましたが、

1200本余りの先行掘り+スクリュー杭の打設をしました。

先行掘りの進捗具合ですが、1200本余りをトータル8日間20台分機械を入れて一日に62本/台

の進捗でした。

この現場では、1台当たり60本余りの日進捗でしたが、

正直なところ、現場によって、かなりの差があります。

20本いかなかった現場もありますし、100本超えた現場もあります。

本数が多い時は、事前に現場に入らせて頂き、その後に見積書の提出となります。

アスファルト舗装だけでなく、地盤が硬い現場でお困りの際は、

是非とも株式会社ジオリゾームのほうまでお問合せ頂けたらと思います。


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA