高温によるパネルの発電量の低下を感じるほどの暑さが続いています(-_-;)


おはようございます。河合です。

久しぶりのブログ更新になってしまいました。申し訳ございません。。。

 

早速ですが、今年の夏は、特に7月が異常なほど暑くて、

全国では40度を超える箇所が連発するほどの高温になりました。

私は夏バテこそしませんでしたが、中には、熱中症になった方もいるのではないでしょうか?

特に岐阜県は、もはや夏の猛暑では有名になりましたが、

2015年7月に恵那市の現場に行ったときは、今でも覚えているくらい暑かったです。

現場もさることながら、ホテルが異常に暑く、あの暑さは尋常ではありませんでした。

10年後、20年後は、どれくらいの暑さになるのでしょうか。。。

 

さて、この暑さですが、パネルも同様にバテテいます。

発電が抑えられているのが、明らかに分かるほどです。

今まで8月は安定して、発電していましたが、これからは、パネルの暑さ対策をしないと、

劣化も早くなってしまうかも知れないですね。

そういう意味では、パネルの下にクローバーとかを植えるなりして、

緑化による対策やメンテナンスを施して、暑さ対策できないものかと思っております。

 

太陽光のお問い合わせは、当社までお願い致します。


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA