新入社員の日常~第1話「営業との奮闘の日々」


こんにちは。新入社員の酒井です。

この自然エネルギー事業課に配属され、早くも1か月が経ちました。先輩社員の方々と様々な現場に行かせていただき、仕事に必要なノウハウや知識を蓄積し、奮闘している今日この頃です。

配属されてからの1か月間、本当にありがたいことに多くのお客様からお電話をいただき、私もいくつかご対応させていただきました。

しかしその一方で、私のような新入社員はお客様の受け答えをするのに精一杯で、なかなかお役に立てないことのほうが多いのが現状です。

仕事をする中で、多くの新入社員が初めに直面するもの。それは「営業」だと思います。一言に営業といっても様々な意味があるわけですが、弊社ではとりわけお客様のお悩みやお困り事を解決し、「お客様に喜んでいただくこと」を主目的としています(弊社の行動指針でもあります)。またそれは我々コンサルタントの使命でもあります。

文面で書くのは簡単なことですが、実践しようと思うとなかなか上手くいきません。お客様からご相談を受けても、問題事の解決法どころか問題事自体がそもそも分からずあたふたすることも少なくありません。

新入社員として最初に必要なのは、お客様の考えていること、悩み事を正確にかつ確実に汲み取る力だと思います。そのためにもまずは、お客様の言葉をしっかりと聞くこと、そうしてお客様を理解すること。それができて初めて、問題解決法を考え提案することができる。そう私は考えています。

かくいう私も、まだまだお客様の意思や考えを理解できていません。しかしそれらができて、お客様の想いのその向こう側へ行けるような先輩社員方が、弊社にはたくさんいます。そういった方々の姿や仕事の仕方をよく観察して、私もしっかりお客様にコンサルティングできるよう努めてまいりたい所存です。


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA