太陽光発電工事の掘削・下穴開けはジオリゾームへ!低圧からゴルフ場まで、どこでも問題解決!


こんにちは。山口です。

社内ではもちろんのこと、お客様からも「最近全然ブログ書いてないね!」とご指摘いただいたため、やーっとブログ作成画面を開きました。

先月は、ずーっと福島にいました。杭打設前の先行掘削でご用命いただきましたが、現場で信頼いただくことができ、追加でそのまま杭打設も行わせていただきました。

造成中に現地視察を行わせていただきましたが、石がゴロゴロでした。2枚目の写真のように、岩盤層がすでに露出している箇所も。

正直、造成でこれをすべて取り除くのは不可能に近いので、先行掘削が必要な現場だなぁと。それにプラスして、写真じゃわかりにくいですが、かなりの傾斜地で、掘削・打設ともにかなり苦戦しました。

硬くて傾斜地って最悪の現場ですよね。まぁ、なんとかするんですけれども。

今回役に立ったのはクローラードリルという機械です。硬い地盤もなんのその。自重が20t近くあり、自慢のパーカッション機能で硬い地盤でもドンドン掘ってくれます。おまけに20度くらいまでの傾斜地であれば対応できるので、よほどの急傾斜地じゃなければ対応可能です。

それ以上の急傾斜地に対しては別の工法がありますので、また今度記載させていただこうかと思います。

無事に杭打設まで完了したので、今はもう大阪におりますが、まだまだ他の案件も控えており、嬉しい悲鳴が続いております。

さて、今年もいよいよ師走突入ですね。「坊さんが走り回るから時期だから師走」でしたよね?

ジオリゾームも、このまま年末まで、いや、通り越して来年の夏くらいまで突っ走りたいと思います!

少しでもご興味をお持ちになった方は、ぜひ当社へお問い合わせの程、よろしくお願いいたします。

問い合わせフォームから送るのが面倒!という方、ご質問などございましたら、気軽に下記メールアドレスまでご連絡ください。何かしらで、お役に立てるかと思います。

株式会社ジオリゾーム自然エネルギー部担当  山口:yamaguchi@georhizome.co.jp


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA