お問い合わせ

staffブログ


ブログ


mail


電話

社員

太陽光発電スクリュー杭打ち・先行掘削

社員

全国対応

06-6381-4000

スタッフブログ

2020年

建柱車による傾斜角度30度のスクリュー杭打設♪


こんにちは。河合です。お盆も終わり、まだまだ日中は暑い日が続きますが、皆さまどうお過ごしですか?体調など壊さないようにしたいですよね♪

先日、岐阜県で傾斜角度30度程度のスクリュー杭の打設に立会って参りました。当日は、とても暑く、体感的には40°はあったでしょうか。さすが岐阜県!大阪も暑いですが、なんか質が違ったような感じがしました。16時にしっかり夕立も降りましたよ!

傾斜地への太陽光発電のスクリュー杭打設ですが、今回は、表面の地盤が崩れやすかったので、人が立つのもなかなか難しく、ポイントにも行けないような感じでした…。折り畳みのはしごを用意して、ポイントまでいって、建柱車による打設です。位置出しに少し時間を要しましたが、予定通り、30本を1日で終了することができた。ちなみに、施工時間は5時間でした。慣れもありますが、50本弱の本数を1日で施工することができると思います。

建柱車で施工するメリットとしては、傾斜地を傷めないというのが最大のメリットのように感じます。その他にも、人間が立つことができる範囲で、施工が可能で、傾斜角度は、あまり関係ありません。デメリットとしては、タイヤなので、悪路は当然施工不可です。また、傾斜が長いとこれも施工できません。

一概に太陽光発電のスクリュー杭打設と言っても、色んな重機による施工があります。色んな重機を試して、より良い施工を心掛けていきたいと思います。

太陽光発電の問合せ、杭打設等のご依頼、質問は株式会社ジオリゾームまで

■関連ページ
様々な打設方法
使用重機
杭打設に向いている土地の条件


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください