お問い合わせ

staffブログ


ブログ


mail


電話

社員

太陽光発電スクリュー杭打ち・先行掘削

社員

全国対応

06-6381-4000

スタッフブログ

2021年

太陽光発電設備は、やっぱり(スクリュー杭)基礎で決まります!


【スウェーデン式サウンディング試験をやる重機】

ご無沙汰しております。河合です。今年の8月は、前半とても暑かったですが、お盆前に来た台風(熱帯低気圧に変わりましたが)以降、気温が一気に下がり、雨が毎日降っている状態で、とても夏とは思えない状態ですね。暑すぎるのはシンドイですが、程よい天気で、少し暑いぐらいの方が、夏らしくてやっぱりイイですね!

最近は、以前から伝えている強度試験の大切さが浸透してきたのか?問合せも増えてきております。やっぱり、基礎がしっかりしていれば、架台もパネル張りもうまくいきますもんね!それと、基礎がしっかりしているかどうかは、年月が経てば分かってきます。強度が取れていなかった場合が一番顕著で、杭が沈んでいきます。こうなると復旧工事は、とても大変です。太陽光発電所を新規でも中古でもご検討の方は、絶対に基礎の情報を得てから、購入するようオススメします。その基礎の情報ですが、以下をチェックして見てください。

【新規で太陽光発電の建設を検討している】

①地盤試験(スウェーデン式サウンディング試験)を実施するのか?

②スクリュー杭の長さは、どうやって決めたのか?(硬い地盤に届いているのか?)

③石や軟岩、岩盤などの有無。ある場合は、どう施工するのか?

④杭の強度試験(引抜き試験など)は行うのか?

【中古で太陽光発電の購入を検討している】

①杭は沈下していないか?

②地盤試験(スウェーデン式サウンディング試験、強度試験)などを実施しているか?

以上の事を確認してから、建設したり、購入したりした方が良いと思います。太陽光発電の強度試験に関しては、当社にお任せください

【関連ページ】

・事前試験は無駄な出費をなくします!事前試験は当社まで!

・O&M(運用管理とメンテナンス)

太陽光発電の基礎として、使われているスクリュー杭を選定するのは、地盤の硬さです。ただ、地盤の硬さは、地域によってかなり異なります。


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください