お問い合わせ

staffブログ


ブログ


mail


電話

社員

太陽光発電スクリュー杭打ち・先行掘削

社員

全国対応

06-6381-4000

スタッフブログ

2021年

クローバ種子散布時に気をつけておきたいこと!


こんにちは藤原です。

平年より21日も早く梅雨入りしてしまいましたね。5月の陽気が味わえない日々が続いておりますが、皆様体調管理はいかがでしょうか。

今回は、引き続き雑草対策についてお話したいと思います。

いよいよこの梅雨の時期が終わると毎年、大変な思いを経験しなければいけない草刈りの時期がやってきます。背丈以上になる雑草を草刈りし、一息ついて油断していると秋頃にまた元の状態に戻ってしまって、また草刈りをしなければいけない。という方も多いのではないでしょうか。

弊社でも毎年2回~3回程、太陽光自社発電所の草刈りを行っております。草刈りの頻度を0に持っていくために、今回もクローバの経過観察についてご紹介したいと思います。

自社発電所でのクローバの生育による雑草対策に成功しましたので先日、お客様の太陽光発電所の一角で試験的にクローバの種子を蒔かせていただき、場所が変わっても短期間でどの程度の成果が出るのか実験致しました。

2021年3月26日撮影 全体雑草状況

2021年3月26日撮影 全体雑草状況

フェンス角の一部のみは草抜きをしてからクローバ種子を蒔きました。

それ以外は雑草の生えている状態でクローバ種子を蒔きました。

この2つの条件で違いを比べてみました。

2021年3月26日撮影 フェンス角を草抜き後クローバ種子蒔き状況

2021年3月26日撮影 現状のままクローバ種子状況

草抜きをしてからクローバ種子を蒔いたおよそ2か月後の状況です。

2021年5月19日撮影 全体雑草状況

小さなクローバがたくさん発芽しておりました。

2021年5月19日撮影 フェンス角草抜き後のクローバ種子蒔き状況

一方、草抜きをせずそのままの雑草状態にクローバを蒔いたところは、、、 

2021年5月19日撮影

こちらはクローバの発芽状態を確認することができませんでした。

というのも、真ん中の茶色になっている部分は以前に草刈りをして枯れた雑草をそのままにしていたものですから、せっかく蒔いた種子もこの枯れた雑草がクッションとなってしまい土に届かなかったために、このような違いが出ました。土が見えた状態で蒔くことにこれだけの違いが出ることに驚きますね。

今後このクローバ種子の生育の違いについてまたアップしたいと思います。

ご質問・ご相談はジオリゾームまで!

関連ページ:
太陽光発電現場の雑草対策
太陽光発電自社施設の紹介
雑草対策でお困りの方はジオリゾームまで!自社発電所でのクローバー経過観察


コメントを残す

メールアドレスは公開されません

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください